富士通男子バスケットボール部 RedWolves
関東実業団リーグ戦(vs 日立土浦)の試合結果をアップしました
投稿者: redwolves 投稿日時: 2005年6月27日 8:43:40 (1804 ヒット)

対戦相手の日立土浦は、昨年同一ブロックで戦ったチームです。
当社は先週の敗北をバネに、気持ちを切り換えベンチを含めて全員バスケで望みました。
試合前、当社のリードガード4番 松林が都合により突然の欠席。一抹の不安はよぎったものの、代わりに13番 生山を起用。←良く頑張った!!

SCORE
富士通 日立土浦
181Q16
242Q12
283Q6
224Q20
92TOTAL54
BOX SCORE
No選手名1Q2Q3Q4QTOTAL
4松林 竜也     
5龍 健太郎4  610
6吉田 大輔 72 9
7櫻井 光雄    
8衣川 元善     
9高松屋 嘉宏  2 2
10菊池 武志2411320
11椎木 耕哉228 12
12武藤 文吾841 13
13生山 啓介2  35
14古川 利裕   66
15大内 祥光 2  2
16永田 豪 5229
17西村 智明  2 2
18長谷川 徹     
19湯川 貴弘     
20齊藤 大     
21西内 崇   22
 TOTAL1824282292


GAME REPORT

[1Q]
出だしからオールコートプレスを仕掛け一気に10点差。その後、本大会初の5人全員を交代 (5番 龍,14番 古川,16番 永田,17番 西村,21番 西内)させ、当社の選手層の厚みを発揮。
[2Q]
当社のディフェンスとブレークからの速攻が決まり一気に14点差。
[3Q]
現役最長老の9番 高松屋と7番 桜井も試合出場し、短い時間ながらもベテランの味を存分に発揮してくれました。
→実は、この時が一番点差を離す事が出来ました。(恐るべしおやじパワー)
[4Q]
1Q〜3Qまでの疲れが残るものの、最後まで当社バスケを全員で戦い抜き終わってみれば、92-54の38点差で大勝しました。

残り2試合を全勝し、最後の望みをつなげられる様全力で頑張ります。

印刷用ページ このニュースを友達に送る
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。