7/2(日)関東実業団バスケットボールリーグ戦 試合結果
2017年7月3日 7:39:27
RedWolvesを応援してくださる皆様

いつも富士通男子バスケットボール部Redwolvesに温かいご声援を頂き、ありがとうございます。
関東実業団バスケットボールリーグ戦の試合結果をご報告させていただきます。
ご報告が遅くなり、大変申し訳ございません。



7/2(日)19:00〜
@国立代々木第二体育館

富士通 ●90-96○ 新生紙パルプ商事

1Q  19-19
2Q  25-19
3Q  26-22
4Q  15-25
OT  5-11


<個人得点/出場時間>
☆スタートメンバー
*新人

☆#0田中 6/30
☆#24于 18/22
☆#34三浦(洋) 18/33
☆#35池田 7/25
☆#99赤石 4/39.5

#2大垣 23/31.5
#3渡部 12/23
#5高橋 0/0
#7上吹越 0/0
#9片桐 0/0
#10皆川 0/4.5
#32中山 0/0
#38津本 0/1
#41高倉 2/15.5
#68花井* 0/0

==============================
<1Q>
開始早々、#34三浦が3ポイントシュートを沈めて富士通が先制点を得る。相手も早い展開で取り返してくるが、#35池田が1on1から得点、#24于もインサイドで得点し、富士通が流れを掴む。その後、インサイドを軸に得点していく相手に対し、#3渡部が好守を見せてオフェンスファールをもらうなど相手の得点を抑え込む。その間に#35池田、#0田中が早い展開で得点し、リードを得る。相手も外角が決まり均衡状態となる。#3渡部の連続得点でリードする状態もあったが終盤に点差を縮められ、19-19で第1ピリオドを終える。
<2Q>
このピリオドはミスからスタートし、勢いに乗れない富士通。相手に先制得点を許したものの、#2大垣が連続でシュートを沈め徐々に富士通が流れを掌握。
インサイドでは、#24于がペイントエリアでの得点で力強さを見せ、外角では#2大垣が連続で得点し、富士通が7点のリードを奪う。その後も内外バランス良く得点し、ディフェンスでは相手のミスを誘発した富士通。なんとか食らいついてくる相手だったが、終盤に#35池田がアウトサイドシュートを決めて44-38と富士通6点リードで前半終了。
<3Q>
このピリオドは相手に先制を許すが、#0田中が早い展開でゲームをコントロールし、自らも得点で、10点差とする。
相手が外角のシュートを沈めて追撃をはかるも、#34三浦がすぐさまアウトサイドシュート決め返して追撃を振り切る富士通。
果敢にゴールにアタックする相手を富士通#35池田が豪快なブロックで得点を許さない。#34三浦のアウトサイドシュートで最大15点差まで相手を突き放す。点差を開いたまま終盤まで点差をキープする富士通だが、終盤にバスケットカウントとブザーと同時に得点を許し、10点差まで詰め寄られて70-60で最終ピリオドへ。
<4Q>
#3渡部の得点で最終ピリオドの序盤を、富士通が先制する。#3渡部、#24于のインサイドでインサイドの強さを見せる富士通。相手もインサイドで対抗し、バスケットカウントやミドルショットで得点を許してしまうと、中盤で徐々に点差を縮められ始めてしまう。中盤で急に点数が止まる富士通に対し、相手は内外確率良く得点をし始める。残り4分では1点差まで詰め寄られるが、#99赤石のアシストから#24于のインサイドの得点もあり、なんとか相手の追撃を振り切る。しかし、終盤残り1分についに逆転を許してしまう富士通。時間がない富士通だが、#34三浦が試合を決定づける3ポイントシュートを決める。
2点のリードを得た富士通だったが、チームファールフリースローから同点に詰め寄られ、終了間際に放ったシュートは決まらず85-85で延長戦へ。
<延長戦>
5分間の延長は、相手の得点でスタート。
オフェンスでは、#99赤石がオフェンスリバウンドで再三チャンスを作るがなかなか得点に繋がらない。#99赤石のミドルショットでなんとか食らいつき、#2大垣がアウトサイドシュートを沈めると逆転に成功。しかし相手のインサイドにすぐに得点を許し、残り1分で同点となる。相手のオフェンスリバウンドを連続で許し、終了間際に4点のリードを許してしまう富士通。4点差を追う富士通は果敢にゴールにアタックするが、時間が足りず最後はファールゲームに持ち込むもフリースローを全て決められ、90-96でタイムアップ。延長戦にもつれ込むも惜しくも敗戦となった。
==============================

昨日も素晴らしいご声援をいただきありがとうございました。
昨日の結果をもしまして、1次リーグは第8位の結果となりました。
たくさんのご声援ありがとうございました。

7/8から開催される2次リーグは、
1次リーグ上位4チームと、1次リーグ下位4チームに分かれ、
1回総当りのリーグ戦を実施して最終順位を決定します。
富士通は2次リーグ(下位)にて、JICへの出場をめざし邁進して参ります。
来週も富士通男子バスケットボール部の応援をよろしくお願いいたします。


*****1次リーグ結果*****
1位 黒田電気
2位 新生紙パルプ商事
3位 日本無線
4位 三井住友海上
5位 曙ブレーキ工業
6位 横河電機
7位 日立金属
8位 富士通
*********************

**********試合予定**********
関東実業団バスケットボールリーグ戦
2次リーグ
【日程】
7/8(土)
第4試合14:30〜
vs曙ブレーキ工業(1次リーグ5位)
【会場】
板橋区小豆沢体育館
【アクセス】
都営地下鉄三田線志村坂上駅下車徒歩5分
****************************


富士通男子バスケ部HP
http://www.redwolves.net

富士通男子バスケ部モバイルサイト
http://www.redwolves.net/mobile/

富士通男子バスケットボール部マネージャー
須賀