9/10(日) 全日本実業団バスケットボール競技大会 試合結果
2017年9月11日 8:32:40
RedWolvesを応援してくださる皆様

いつも富士通男子バスケットボール部Redwolvesに温かいご声援を頂き、ありがとう
ございます。
全日本実業団バスケットボール競技大会の試合結果をご報告させていただきます。


9/10(日) 11:40〜
@平塚アリーナ

2回戦
富士通(関東5) ○74-63● 日本無線(関東1)

1Q  25-12
2Q  13-11
3Q  16-23
4Q  20-17

<個人得点/出場時間>
☆スタートメンバー
*新人

☆#0田中 4/26
☆#2大垣 18/26
☆#3渡部 18/26
☆#34三浦 13/27.5
☆#99赤石 10/30.5

#5高橋 0/26
#7上吹越 0/0
#9片桐 0/0
#10皆川 6/24
#24于 0/0
#32中山 0/0
#35池田 5/8
#38津本 0/0
#41高倉 0/6
#68花井* 0/0

==============================
<1Q>
#99赤石のジャンプショットで富士通が先制。相手も外角のシュートで応戦する。
#3渡部のオフェンスリバウンドからの得点も絡み、序盤は富士通がインサイドを起点
に流れを掴む。#34三浦がドライブから得点、オフェンスリバウンドにも絡み、富士
通が空中戦で主導権を握り、中盤の時点で一気に二桁点差をつける。終盤になっても
#0田中のアシストから得点を伸ばし続け13点のリードを得て富士通リードで第1ピリ
オドを終える。25-12
<2Q>
開始早々ミスから相手にフリースローを与えてしまい、失点してしまう富士通。セッ
トオフェンスから#0田中が得点仕返し均衡状態となる。相手はペネトレイトから高確
率でジャンプショットが決めるが富士通も#5高橋のアシストから得点し、均衡状態を
保つ。相手の外角が決まると富士通も負けじと#35池田か決め返し、13点リードのま
ま相手はタイムアウトを選択。しかしタイムアウト後に#41高倉がスティールからブ
レイクに成功し15点差とする。終盤にミスは出たものの相手の攻撃は守りきり38-23
と富士通15点リードで前半を折り返す。
<3Q>
後半の出だしは相手に外角を含めた連続得点を許し、すぐに9点差まで詰め寄られて
しまう。#2大垣のアシストから#3渡部の得点でなんとか相手の追撃を食い止める富士
通。
相手のミスの誘発にこそ成功するが得点にまで繋げることができない。中盤までオ
フェンスで苦戦を強いられていた富士通だったが#2大垣がドライブにアウトサイドで
なんとか繋ぎ10点差をキープ。
しかし終盤にターンオーバーから相手に連続で得点を許し、54-46と8点差に詰め寄ら
れて最終ピリオドへ。
<4Q>
このピリオドは、#2大垣の連続スリーポイントで富士通が先制。セットオフェンスか
ら#10皆川が得点し富士通が13点リードする。最終ピリオドはディフェンスから早い
展開でオフェンスの流れを作り、ゴールにアタックする富士通。最終ピリオド開始か
ら5分間相手を3得点に抑えこみ、その間に得点に成功すると残り4分で16点のリード
を保つ。残り時間から高確率の外角を武器にゴールにひたすらアタックして来る相手
だが、受け身にならず富士通も#2大垣・#3渡部らのアタックで終始15点以上の点差を
キープしていく。終了間際に連続で得点を許したものの二桁点差はキープして74-63
でタイムアップ。
富士通が勝利し、全日本社会人選手権の出場権を獲得した。
==============================



9/10(日)18:20〜
@平塚アリーナ

準決勝
富士通(関東5) ●72-81○リンタツ(東海1)

1Q  21-24
2Q  16-19
3Q  22-20
4Q  13-18

<個人得点/出場時間>
☆スタートメンバー
*新人

☆#0田中 4/24
☆#2大垣 23/35
☆#3渡部 5/25.5
☆#34三浦 9/31
☆#99赤石 4/24

#5高橋 9/24
#7上吹越 0/0
#9片桐 0/0
#10皆川 18/26
#24于 0/0
#32中山 0/0
#35池田 0/0
#38津本 0/4.5
#41高倉 0/6
#68花井* 0/0

==============================
<1Q>
相手に先制得点を許すが、#2大垣がペネトレイトから得点を取り返し主導権を渡さな
い。
序盤から相手の外角が高確率で決まり、相手に流れが傾くが、#2大垣が4連続得点で
対抗し、なんとか均衡を保つ。
#34三浦のフリースロー、#3渡部のインサイドで得点し中盤にようやく富士通がリー
ドに成功。しかしそこから2分間無得点の間に相手に逆転を許してしまう。#0田中が
スティールから得点に成功するが相手の勢いを止められず主導権を渡してしまう。
徐々に点差を開けられ始める富士通だが、終了間際に#10皆川がバスケットカウント
を含む2連続得点に成功し、21-24と3点差に点差を縮めて第1ピリオドを終える。
<2Q>
このピリオドは、オフェンスリバウンドから相手に先制得点を許してしまうが、#10
皆川がオフェンスリバウンドから得点を取り、やり返す。さらに#38津本のオフェン
スリバウンドでセカンドチャンスを掴み#0田中が得点。1点差に詰め寄る。#5高橋の
ファストブレイク・#2大垣のフリースローで逆転するが、相手はインサイドを起点に
再度逆転し、そこから中盤まで長い均衡状態となる。オフェンスが上手く噛み合わな
い富士通は、タイムアウトで戦術を立て直し、明けて早々#2大垣の得点、#41高倉の
スティールからブレイクに成功し、立て直しをはかる。
このプレーで流れを戻したかと思われた富士通だったが、そこから終了間際まで得点
が伸びず、37-43と6点ビハインドで前半を終える。
<3Q>
後半も好調#2大垣の得点で富士通が先制。
#0田中のアシストから#34三浦のアウトサイドが決まり、すぐさま1点差に縮め、#99
赤石・#3渡部のインサイドで逆転に成功。しかし富士通のリードもつかの間、相手に
外角のシュートを決められ相手に再度逆転を許す。高さの優位を活かし、#10皆川を
起点に得点する富士通。ゾーンディフェンスを展開する相手に#5高橋がスリーポイン
トシュートを沈め、終了間際にも#10皆川のオフェンスリバウンドから#5高橋がジャ
ンプショットを決めて59-63と4点差に点差を抑えて最終ピリオドへ。
<4Q>
このピリオドも#10皆川を起点にゴールにアタックする富士通。点差をなかなか縮め
られず苦戦する中、相手にバスケットカウントを許す等ジリジリと点差を離され始め
る。#34三浦がアウトサイドシュートでなんとか4点差から離されずに食らいつく。中
盤に#99赤石のスティールから#2大垣が得点し2点差まで近づく富士通。しかし富士通
もミスから相手に速攻を許し、終了3分前にはリバウンドで奮闘していた#99赤石が
ファールアウトとなってしまう。残り2分で8点差を追う富士通は、インサイドは#10
皆川・外角では#2大垣を軸に早めのオフェンスを展開。6点差にまで追い上げるが、
相手に時間を使われ、ファールゲームではフリースローを決めきられて追い上げも足
りずタイムアップ。72-81で富士通が惜しくも敗退となった。
==============================


昨日も大勢の方々に会場まで足を運んでいただき、
素晴らしいご声援をありがとうございました。
昨日の結果をもちまして、当部は3位決定戦に進出いたします。

本日は最終戦となりますが、勝利で締めくくれるよう、
選手・スタッフ一同頑張ってまいります。
本日も皆様の熱いご声援をよろしくお願い致します!


******試合予定******
全日本実業団バスケットボール競技大会
【日程】
9/11(月)3位決定戦
第1試合11:00〜
vs九州電力(九州1)
【会場】
平塚アリーナ
【アクセス】
JR東海道線平塚駅下車
北口バスターミナル9番線より
茅ヶ崎行 馬入橋下車10分
東八幡工業団地行 馬入ふれあい公園前入口下車5分
******************



富士通男子バスケ部HP
http://www.redwolves.net

富士通男子バスケ部モバイルサイト
http://www.redwolves.net/mobile/

富士通男子バスケットボール部マネージャー
須賀