富士通男子バスケットボール部 RedWolves
 
★3/18(月)第6回チャンピオンシップ 決勝戦(Bコート)
投稿者: redwolves 投稿日時: 2024年3月19日 22:38:33 (524 ヒット)

RedWolvesを応援してくださる皆様

いつも富士通男子バスケットボール部Redwolvesに
温かいご声援を頂き、ありがとうございます。

本日の高松宮記念杯第6回全日本社会人バスケットボールプレミアムチャンピオンシップ決勝戦の試合結果をご報告させていただきます。

3/18(月)13:10〜
@滋賀ダイハツアリーナ
富士通●57- 96〇JR東日本秋田
1Q 9-29
2Q 19-23
3Q 14-19
4Q 15-25

<個人得点(出場時間)>
☆スタートメンバー/*新人

☆#1 大倉 10点(27:33)
☆#26 富田 8点(17:54)
☆#35 清水 5点(26:47)
☆#48 吉田* 4点(19:58)
☆#99 赤石 10点(24:11)

 #0 古橋* 0点(6:48)
 #3 木下  0点(2:51)
 #5 張*  0点(2:42)
 #6 川久保 0点(1:34)
 #7 渡部 6点(15:56)
 #11 江端 0点(7:47)
 #20 和田* 9点(15:46)
 #22 足立 0点(1:34)
 #33 小田桐 5点(13:20)
 #34 三浦  0点(10:05)
 #68 花井 0点(5:14)
-------------------------------------------------
戦評(記:土屋AC)
<1Q>
#1 大倉のジャンプシュートで得点を重ねるが、開始3分程で2-12と相手が
高確率で3Pを決め、点差を広げられる展開となる。その後#48 吉田、#7 渡部、
#35 清水の得点で食らいつくものの、相手の勢いを止めることができず
20点ビハインドで第1ピリオド終了。

<2Q>
#26 富田、#7 渡部を起点として相手からファールを誘い、フリースローで
得点を伸ばすもののミスを重ねてしまい我慢の時間が続く。その後#48 吉田、
#20 和田の連続得点により少しずつ流れを掴むものの点差を縮めることが出来ず
23点ビハインドで第2ピリオド終了。

<3Q>
#1 大倉の2Pが決まると、それに続き#26 富田、#35 清水が得点を重ね、
勢いがつき始める。その後#99 赤石の3P、#20 和田のゴール下が決まるものの、
相手にさらにリードを広げられてしまい31点ビハインドで第4ピリオド終了。

<4Q>
開始から相手の勢いが止まらず、連続得点を許してしまう展開となる。#35 清水の
フリースロー、#33 小田桐、#99 赤石の3Pで応戦するものの、最後まで相手との
点差を縮めることができず、 57-96で試合終了。
==============================

**********最終順位**********
1位:JR東日本秋田(東北1位・秋田県)
2位:富士通 (関東A1位・神奈川県)
3位:横河電機(関東B1位・東京都)
   新生紙パルプ(関東A2位・東京都)
*****************************

本大会をもちまして2023年度シーズンの全試合日程が終了となりました。
数多くの方々が休日の貴重な時間にも関わらず富士通男子バスケットボール部の応援していただき誠に有難うございました。
選手およびスタッフ一同感謝しております。
また来年度シーズンも皆様に応援していただけるように
精一杯努力して日々練習に励みよい結果を報告できるよう
頑張って参りますので引き続きよろしくお願い申し上げます。

来シーズンのスケジュールについては確定次第、改めて連絡致します。

富士通男子バスケットボール部
マネージャー 三浦

印刷用ページ このニュースを友達に送る
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。